2020年度 英語教育改革について

さて、ご存知の方も多いでしょうが、文科省は2020年に英語教育改革を予定しています。「大改革」や「激変」などと説明されるケースも多いので、「うちの子が取り残されたらどうしよう!」などと心配されているかもしれません。

この記事では、今回の改革がお子さまの英語習得にどう影響するのかをまずご説明し、その上でお子さまの英語力を伸ばすのに役立つ私たちなりのアドバイスをお伝えしようと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。

かなり長文になってしまいましたが、ありふれた解説記事にはなっていませんので、お読みいただけると幸いです。念のためですが、「大学入試の英語が4技能化! 英語を話す力をサイモンズで!」という宣伝のために書いているわけではありません。

2020年度英語教育改革の概要

はじめに、改革の概要は以下の通りです。一つ一つを解説するのは今回の趣旨ではありませんので、箇条書きに留めておきます。

・小学校5-6年生について、現状の外国語活動が、英語という教科になる。時間数が倍増し、教科書が使われ、成績がつけられる。私立中入試に英語の導入が進むと思われる。

・英語学習のスタートをさらに早め、小学3-4年生で外国語活動が始まる。

・大学入試の英語が読む・書く・聞く・話すの4技能を試すものになる。

・大学入試において、外部検定試験の活用(出願基準、加点、代替、みなし得点)などが始まる。

・高校に加えて、中学の英語の授業も英語で行われることになる。

・覚えるべき英単語の数が大幅に増える。

この改革について理解すべき2つのポイント

「大改革」と言われるだけあって内容は盛りだくさんですが、本当に理解すべきことは次の二つです。

  1. 子どもたちの英語力が伸びることはない。
  2. 英語学習がますます点取り競争化する。

重要なことなので、一つずつ説明させてください。

1.子どもたちの英語力が伸びることはない

まず、一番大切な点です。

これまでにもいろいろな英語教育改革が行われましたが、成果はほとんど上がっていません。残念ながら、今回の改革によっても、お子さまの英語力が伸びることは期待できないでしょう。

もちろん、いつの時代にも英語を身につける人はいます。ただし、その多くは自分自身できちんと勉強した人たちや、帰国子女など環境に違いがある人たちです。日本の英語教育の成果として、つまり学校の授業のおかげで英語が身についたと言えるケースはそう多くないと思います。

なぜ日本の英語教育はうまくいかないのでしょうか。

こう言ってしまっては元も子もないのですが、現状の教育制度はそもそも「英語力を伸ばすこと」を目的としては運営されていないと考えるべきでしょう。むしろ「点数をつけて生徒を序列化すること」とか「集団授業を成立させること」の方が優先されています。現状の学校制度や入試制度を維持しようとすると、どうしてもこうなってしまうのです。

たしかに英語を習得するのは簡単ではありません。学校教育には限界もあります。けれども、もしも国が本気で子どもたちの英語力を伸ばしたいと考えるなら、まずは子どもたちをテストで点数化して、他人と比較したりダメ出しすることをやめるべきです。自信や興味や意欲を失う子どもたちが続出しているからです。これは国としても大きな損失です。英語習得にテストが必要なわけではありません。教育制度がテストを必要としているだけなのです。当たり前ですが、テストを課さなくても言語は身につきます。

もう一つ、全員が同時に同じことを学ぶという集団一斉型の授業は、授業をする側にとっては管理しやすいというメリットがありますが、一人ひとりの特性を無視することになるので、教育効果はかなり損なわれます。また、集団授業は受け身の座学になりやすいため、多分に実技としての側面がある語学には向かない授業形態です。

今回の2020年英語教育改革も、これらの根本的な問題点には手をつけていません。集団授業を行い、テストを課し、点数で序列化するという点においては、学校の英語の授業は30年前と比べて驚くほど変わっていないのです。そして、いつもそうなのですが、文科省の英語教育改革は、成果を上げていない従来の英語教育を、ただ「早めるだけ」、「増やすだけ」、「テストを厳しくするだけ」というアイデアです。成果が上がっていないにもかかわらず、とにかく「もっと早いうちからやれ!」、「もっとたくさんやれ!」、「もっと難しいテストでチェックするぞ!」と迫るわけです。当たり前ですが、成果が出ていないやり方は、それをさらに強力に推し進めたところでダメなのです。

私たちはサイモンズを開校する以前に、いろいろな英語レッスンについて知る機会に恵まれました。そして、世の中の英語レッスンの多くが成果を上げていない状況を目の当たりにしました。私たち自身も10年を超える指導経験の中で試行錯誤をくり返した後、英会話サイモンズを開校するに至っています。単なる小さな英会話スクールですが、「成果が出ない英語レッスンの研究」においてはなかなかの専門家だと思います。

結局のところ、成果の出ないレッスンというのは、教える側の都合を優先してばかりで、一人ひとりの英語習得を目指した設計になっていないのです。

入試の4技能化などを含んだ今回の改革を「抜本的」などと評する向きもありますが、そうは思えません。テストや集団一斉授業の見直しをしてこそ、英語教育の「抜本的」改革だと思うのですが、当分のところ実現は難しそうです。

2.英語学習がますます点取り競争化する

2020年改革には、教科化して成績をつけるとか、入試を4技能化するとか、外部検定試験を入試に活用するとか、「新たなテストを課す」というイメージが強くあります。かならず、意味のない点取り競争が激化します。それもかつてないレベルで激化する恐れがあります。

あれだけ受験英語の弊害、つまり実際には英語を使うことができない、という問題が指摘されていたのに、その反省が生かされることなく、さらに事態を悪化させる改革案になっていることに、暗澹とした気持ちになります。多く子どもや親が、英語の実力が伸びるかどうかよりも、とにかく目先の点取り競争で周りから遅れないように、あるいは少しでも有利な立場を確保できるように、と躍起になるでしょう。

「競争の何が悪いんだ?」と思われる方もおられるでしょう。もしも競争によって日本人の英語力が向上しているのであれば、競争も許容されるべきかもしれません。けれどもそのような事実はありません。これまでの英語教育の惨状を見れば明らかです。

今の子育て世代には「受験英語は得意だったけれども、実際には英語が使えません(笑)」という人たちが多くいます。英語教育が、個人の生活や仕事の質を向上させることにも、社会を発展させることにも役立っていない状態です。けれども、そんな「使えない英語力」でも、かつては進学や就職において有利な立場を得るためには有効だったのです。英語教育が本来の教育的効果をほとんど上げておらず、単に日本社会におけるポジション取り競争の一種目として行われているような状況だったのに、そのことが必要悪として黙認されていたのは、それでも経済的な発展が見込めていたからです。

けれども、今は違うはずです。効果が上がらない教育を放置している場合ではありません。これは英語だけでなく教育全般について言えることですが、日本国内での点取り競争に国民がかまけているうちに、子どもたちは必要な力を身につけるチャンスを失い、そして国力の低下がどんどん進むのです。

点取り競争というのは、最小限の努力で高得点を手に入れる競争です。そして、そのテストなり資格なりが普及すればするほど、テスト対策がより巧妙化し、「とにかく1点でも多く取れればよい」という学習姿勢が善とされ、結果として、参加者は実力を身につけることを軽視するようになります。これが点取り競争の一つ目の弊害です。

この弊害は、いわゆる受験英語だけでなく、英検やTOEICについても見られます。例えば英検の準2級(高校初級レベル)を持った小学生は珍しくありませんが、高校初級レベルの英語どころか、中学初級レベルの英語すら身についてないケースがよくあります。多くの場合、過去問や頻出単語集を丸暗記し、勘や合格最低点の低さに助けられての合格だからです。たとえこのような合格であろうと、合格者数が増せば、国はそれを改革の成果だとしてアピールするかもしれませんが、それは英語の実力が伸びていることを意味しません。(念のためですが、取得されているお子さまの努力を貶める意図はありません。)

それから前述のように、点取り競争には、大半の生徒が競争を強いられる中で意欲や自信や興味を失ってしまうという弊害もあります。例えば、定期テストの点数が平均点を少し下回ったというくらいの理由で、せっかく芽生えていた英語への自信が大きく損なわれたりします。また、「英検◯級は小学生のうちに取った」とか「もう英検◯級を持っている」という話が耳に入ってくると、自分が英検を受ける受けないにかかわらず、英語学習に対して焦ったり意欲を失ったりするのです。

私たちは何も理想論として「競争はよくない」と言っているわけではありません。現実的・合理的に考えた結果、点取り競争が教育的効果を確実に低下させている事実を見過ごせないと考えているのです。

ちなみに、競争や報酬といった外的動機付けがもたらす弊害については、以下の論説とプレゼンが示唆に富みます。私たちが教室のコンセプトを考えるときにも、大いに参考にしました。よろしければご覧ください。

内田樹氏のブログ内記事
「英語嫌いを作る方法」

ダニエル・ピンク氏によるTEDプレゼンテーション
「やる気に関する驚きの科学」

 

どうすればお子さまの英語力が伸びるのか

さて、ここからが大切なところです。このような状況の中で、お子さまの英語力を伸ばすためにはどうすればよいのでしょうか。

1.競争に巻き込まれないこと

1つ目は、過熱する点取り競争に巻き込まれないことです。

(1)大半の生徒が競争を強いられる中で興味や意欲や自信を失う、(2)実力を身につけるために必要な学習を軽視するようになる、という点取り競争がもたらす悪影響からお子さまを守ることが大切です。そのために、まずは保護者の皆さまに落ち着いていただくことが必要です。

本来は喜ばしいことではないのですが、今回の改革をきっかけに子どもたちの英語力が伸びることはありません。ですから、そのことを安心材料にするのも変な理屈なのですが、競争のレベルが上がる心配、つまり「周りの子の英語力が伸びて、お子さまが取り残される」という心配はいらないのです。焦ることはありません。落ち着いて「取り組むべきことに取り組む」という余裕を持ってください。

正しい方法で英語学習に取り組めば、英語の実力が身につくだけでなく、テストや受験にも十分に通用する力が身につきます。結局は「学問に王道なし」ということでしょう。

実際、点取り競争において上位にいる生徒の多くは、学校の授業やテストとは関係なく、自らの興味や意欲に基いて英語を学んでいます。「楽しい」とか「もっと上達したい」という気持ちを持っているのです。点を取ることに必死になっているタイプは、実力ではもちろんのこと、点取り競争においてもそれほど好成績を残していないと思います。ですから点取り競争につきあうメリットはないのです。

2.宣伝に惑わされないこと

2つ目は、宣伝に惑わされないことです。

2020年の英語教育改革は、少子化による経営難を避けたい教育ビジネスにとって千載一遇のチャンスです。すでに「4技能化に備えましょう!」というような英会話スクールや教材の宣伝をよく目にします。さらに、大学入試に民間の外部検定試験を活用するという話は、資格試験を運営する団体にとっては非常に大きなビジネスチャンスであるため、シェアを握るための実績作りに各団体が必死になっています。その節操のなさは呆れるほどです。

保護者の皆さまとしては、煽りとも言えるような宣伝にさらされると、「うちの子も何か始めた方がいいかも」と不安になられたりもするでしょう。けれども、民間の英語教育もその多くは大した成果を上げていません。ですから、安易に飛びつかないことが賢明です。

たとえば、民間の英語教育ではずっと以前から英語の早期教育が試みられています。少なくとも20年くらい前からは、小学校低学年あるいは幼稚園児が英語を学ぶことは珍しくなっており、世間には子ども向けの英語スクールや教材が溢れています。もしもそれらに宣伝されているほどの効果があるのなら、それらのおかげで日本人の英語力が多少なりとも向上してよさそうなものですが、そうした事実は見られません。それどころか、この30年ほどで大学生の英語力は確実に低下してきていると言われています。

さらに、英検やTOEICなどの検定試験も、その存在が日本人の英語力向上に役立っている事実はないと思います。検定試験を受ければ英語力が伸びるわけではありません。そんなことで伸びるのであれば、英検受験に力を入れている学校や塾ではどんどん英語力が伸びるはずですが、実際にはあまり意味のない合格実績が積み上がるだけで、英語力の向上にはつながっていないと思います。

ですから、特別な教材を購入したり、英語スクールに通ったり、英検を受けたりすればいいというわけではありません。「何でもいいからとにかく始めないと」と慌てる必要はまったくないのです。

3.英語上達に欠かせないやるべきことをやる。

そして、英語の上達に本当に必要なことにきちんと取り組むこと。これが3つ目です。

この点については、私たちの教室のコンセプトと同じなるので、よろしければ他の記事もお読みください。

多くの専門家や先人が述べていることですが、英語を使えるようになるには、特に話せるようになるには、次の二つが欠かせません。

(1)英語をたくさん声に出して練習すること
→サッと口に出せる基本英文が増える。

(2)外国人と1対1で英語を話す経験を積み重ねること
→基本英文を実際にうまく使いまわすコツが身につく。

小さい頃から英語を学んでいるとか、CDの聞き流しをしているとか、ネイティブスピーカーのレッスンを受けているとか、英検に合格しているとか、そういったことが英語の上達を保証するわけではないのです。そんなことに期待するよりも、英語の実力は「どれだけ声に出して練習しているか」、そして「どれだけ英語を使ったことがあるか」に比例すると考えて、それらに愚直に取り組むことが大切だと思います。

これらの大切さはずっと昔から言われていたのですが、今の30代や40代が、中高生あるいは大学生だったころには、実際に取り組んでいる人はまだまだ少なかったと思います。その世代が社会人になって「使えるようになるために」英語を学びなおす過程で、これらの有効性を多くの人々が実感したのでしょう。現在では、音読や基本英文暗唱(瞬間英作文と呼ばれたりもします)は大人の英語学習においてすっかり常識になりました。また、大人向けの英会話レッスンではマンツーマンが当たり前になっており、昔のようなグループレッスンのニーズはもはや消えつつあります。

ありがたいことに、日本人が英語を身につけるための方法論は、この20年くらいの間にずいぶんと明確になりました。独学であろうが、英会話スクールに通おうが、国内であろうが、海外留学をしようが、(1)英語をたくさん声に出して練習する、(2)外国人と1対1で英語を話す経験を積み重ねる、というこの2つにきちんと取り組めば英語は使えるようになります。

子どもたちが上記の2つに取り組める環境はまだ少ないですし、それが私たちが英会話サイモンズを開校した理由でもあるのですが、教室に通われるにせよ、家庭学習されるにせよ、お子さまの英語学習をお考えになる際には、この2つにお子さまが取り組めるようになっているかを選択の基準にされるのがよいと思います。

日本で暮らしながら外国語である英語を身につけるのはそう簡単ではありませんが、点取り競争に喘ぎながら英語を勉強するよりは、あるいは「英語が自然に身につく!」というような幻想に期待するよりは、ずっと合理的で現実的な方法がすでに十分に示されているのです。

最後に

2020年度の英語教育改革からは、まるで文科省が点取り競争の主催者に成り下がり、教育ビジネス大手がその協賛者として影響力を増していく印象を受けます。今後、かつてないレベルで英語学習が点取り競争化することが懸念されます。あるいは、この改革案には、実現の目処がついていない項目や、達成が無理だと思われる目標も含まれていますから、混乱をもたらしたあげく、早期に見直しを迫られるという結末もあると思います。

けれども、文科省や教育業界にも責任はあるでしょうが、結局は、子どもたちの教育という大切な問題について、国や教育業界の言いなりになっている国民の問題なのだと思います。

点取り競争を強いられると、多くの人たちはその教育的効果の低さには目を向けず、むしろ積極的に点取り競争に巻き込まれてしまいます。繰り返しになりますが、そうやって国民が国内でのポジション取り競争にかまけているうちに、子どもたちは必要な力を身につけるチャンスを失い、そして国力の低下がどんどん進むのです。

一人ひとりの大人が、それぞれの立場で、子どもたちのためになる教育の実現を心がけることが、おそらくはこの流れを変える唯一の方法ではないかと思います。私たちも、レッスンの現場で得られるノウハウなどをもっと積極的に公開することで、日本の教育が良い方向に向かうように微力ながら貢献したいと考えています。

長文になりましたが、お読みいただいた方には心より感謝申し上げます。