2016年版 英会話サイモンズはこんな教室です

きっと英語が話せるようになる!

英会話サイモンズなら、中学生や高校生はもちろん小学生でも、きっと英語が話せるようになります。なぜなら、「英語が話せるようになるレッスン」を行っているからです。

「英会話スクールだから、英語が話せるようになるレッスンって当然じゃないの?」って思われるかもしれません。けれども、これだけ子ども向け英会話スクールがあふれていても、「英語が話せるようになるレッスン」に取り組めている教室はとても少ないのです。

私たちスタッフはサイモンズ開校以前に10年以上この業界で仕事をしてきました。「入試や英検の結果が良ければいい」、「子どもたちがレッスンを楽しんでいればいい」、「ビジネス的に儲かっていればいい」などと考えたりすることなく、「どうすれば子どもたちが英語を話せるようになるのか」をずっと追求してきたと自負しています。

英会話サイモンズは2014年3月に開校しました。知名度ゼロ、生徒ゼロからのスタートでしたが、おかげさまで生徒数は2015年12月の時点で120名を超えました。2016年3月で2周年を迎え、3年目に入ります。皆さまに感謝申し上げます。

英語を話せるようになるレッスンとは?

さて、くり返しになりますが、世の中にはたくさんの子ども向け英会話スクールがあるにもかかわらず、「英語が話せるようになるレッスン」を提供できる教室はごくわずかです。どうしてそう言い切れるのかというと、ほとんどの教室は次の2つに取り組める体制ではないからです。

  1. 英語を何度も声に出して練習する。
  2. 外国人と1対1で英語を話す。

この2つは、多くの専門家や先人が「英語を話せるようになるためのポイント」として挙げていることです。

個人で学ぼうが、英会話スクールに通おうが、国内であろうが、海外であろうが、この2つにきちんと取り組めば、英語は話せるようになります。反対に、この2つに取り組まないかぎり、一向に話せるようにはなりません。つまり、英会話スクールのレッスンであっても、子どもたちがこの2つに取り組めるレッスンでない限り、子どもたちの英語を話す力は伸びないのです。

グループレッスンにはデメリットが多い

「英語を話せるようになるポイントがはっきりしているんだったら、どうして英会話スクールはそれに取り組まないのだろう?」と思われるのではないでしょうか。もっともな疑問です。けれども、実際には「やりたくてもできない」のです。

その一番の原因はレッスンの体制にあります。多くの子ども向け英会話スクールは、学校や塾と同じく、集団一斉型のグループレッスンを採用しています。1クラス6人くらいの生徒を1人の講師で担当し、レッスン時間は50分前後というのが一般的です。お分かりいただけると思いますが、これではマンツーマン英会話はやりようがありません。

そして、グループレッスンには他にも多くのデメリットがあります。まず、学年やレベル別にクラス分けしたとしても、「簡単すぎてつまらない」「難しすぎて分からない」という問題がすぐに生まれます。一人ひとりの学習スピードは大きく異なるからです。経験から言えば、言葉は悪いですが、グループレッスンではこの問題を「どうやってごまかすか」という点に、教室として頭を悩ませることになります。

また、語学指導では一人ひとりの声をきちんと聞くことが欠かせません。ピアノのレッスンで生徒が弾くピアノの音を聞く必要があるのと同じです。グループレッスンではみんなで一斉に発話する場面がよくありますが、楽しそうに見えたとしても、一人ひとりの理解度や発音を確認することはできません。ピアノを全員が一斉に弾くというレッスンがあり得ないように、グループレッスンは語学に適していないのです。

というわけで、私たちはサイモンズのコンセプトを考える際に、グループレッスンというアイデアを早々に捨てました。正直なところ、グループレッスンには「コストが安い」という以外にメリットはありません。私たちが長年の経験から得た結論は、「グループレッスンを採用する限り、子どもたちは話せるレベルに到底達しない」ということでした。

外国人講師によるプライベートレッスンが最適なのか?

では、外国人講師によるプライベートレッスンはどうでしょうか。レッスン中ずっと外国人講師が1対1で指導する形です。

英語を話せるようになるには、(1)理解する、(2)練習する、(3)使ってみる、という3段階があります。例えば、過去形を例にすると、次のような3段階になります。

(1 – 理解する)”I get up at 7:00.”を、”I got up at 7:00.”とすると「私は7時に起きました」と過去の動作を表せること、および否定文・疑問文の作り方を理解する。

(2 – 練習する)”I got up at 7:00.” / “I didn’t get up at 7:00.” / “Did you get up at 7:00?” / “What time did you get up?” などの英文をサッと口に出せるまで練習する。

(3 – 使ってみる)実際の会話の中で、練習した過去形の文を使ってみる。

それぞれの段階でどんな指導が適しているのかについて、私たちは次のように考えています。

(1)は、日本人講師が説明するか、子ども自身が日本語を読んで理解するやり方が圧倒的に早い。

(2)も、一人ひとりの性格を把握ながら、励ましたりアドバイスする必要があるので、日本人講師の方が適している。また常にマンツーマンで指導する必要はなく、むしろ根気強く練習する姿勢が身につくようにサポートすることが大切。

(3)は、やはり外国人講師によるマンツーマン英会話がベスト。緊張感やワクワク感という意味でも、ネイティブスピーカーに勝るものはない。

つまり、外国人講師によるプライベートレッスンが最適なわけではありません。(1)と(2)は日本人が担当し、(3)を外国人が担当するというのがベストだと、私たちは考えました。

経験から言えば、外国人講師のプライベートレッスンは、(1)の理解と(2)の練習が足らないために「分からない・話せない」という状況が生じがちです。そこでやむを得ず、外国人講師の説明を受けて練習をすることになるのですが、そうすると外国人講師によるプライベートレッスンの価値はなく、最悪の場合には、ムダに高額で分かりにくい文法の授業になってしまいます。

ちなみに、上記の(1)から(3)の3段階についてもう一つ重要なことは、学校や塾で英語を習う場合には、そもそも(2)や(3)が存在しないという点です。上でご説明した「話せるようになるための2つのポイント」も、つまりは(2)と(3)に関する指摘です。この点を改善することなく、テストだけを4技能化しようとしているのが昨今の流れなのですが、これでは日本の英語教育はよくならないと思います。

英会話サイモンズにしかない「マンツーマン英会話&個別指導」システム

英会話サイモンズは、上記の(1)~(3)をそれぞれ最適な方法で指導できる体制を取っています。特に、「英語が話せるようになるための2つのポイント」にしっかり取り組めることが、学校や学習塾はもちろん、多くの子ども向け英会話スクールにはない特長となっています。

このシステムの効果はとても高く、たとえば他の英会話スクールで何年間も身につかなかった英語が、たった一回や二回のレッスンで使えるようになることもあります。

(1) 英語を何度も声に出して練習する - 毎回90分の個人別練習を日本人講師が指導します。

ある専門家が言っていることで、私たちもレッスンの現場にいて実感することがあります。それは、「英会話の実力は英語を声に出して練習した量に比例する」というものです。スムーズに英語を音声化できる力がある生徒ほど、新しい英文を身につけるのも早く、それを会話で使う力も高いように思います。英語を頭に思い浮かべるとき、それは文字を思い浮かべるのではなく、音を思い浮かべるからです。

つまり、英語学習の基本はABCという文字ではなく、英語の音に口と耳で慣れることなのです。しかも、これは話す力だけでなく、英語力全般を伸ばすために必要なトレーニングです。だからこそ、専門家の多くが音読や基本文の暗唱を勧めるのでしょう。子どものうちに「声に出して練習する習慣」を身につけておくことが、お子さまの英語習得の可能性を高める一番良い方法だと思います。

サイモンズでは、日本人講師の丁寧なサポートを受けながら90分間、基本英文の暗唱、洋書の音読、通じる発音の練習など、話す力を伸ばすのに欠かせない音声練習を行います。また効果的な音声練習のために、教室には一人一台のiPod touchを用意しています。

(2) 外国人と1対1で英語を話す - 毎回15分、小学生の初心者でも外国人講師と1対1で話します。

「外国人と1対1で英語を話すこと」。このワクワク感は英語を学ぶ一番の醍醐味です。マンツーマン英会話を体験してくれた子どもたちも例外なく「楽しかった!」と言ってくれます。しかも楽しいだけではありません。会話の中で「通じる・通じない」を経験する瞬間は、英語が最も効果的に身につくチャンスです。だからこそ、英語を使えるようになった人の多くが、「もっと早くから外国人と英語で話すべきだった」と言うのでしょう。

外国人と1対1で英語を話すことを遠い将来の目標と考えて先送りしていては、最も楽しくて効果的なチャンスを逃したまま、何年も英語を学び続けることになります。そして、多くの人がそうであるように、一度も英語を使った経験がないまま英語学習を終えることになるかもしれません。

私たち英会話サイモンズは、外国人と英語で話す時間を一人ひとりに用意しています。まったくの初心者でも毎回15分間、外国人と1対1で英語だけを話します。

 授業料・時間割など(2016年3月より改定)

2016年4月より、従来のショートコース(75分)を原則として廃止し、レギュラーコース(105分)に一本化することになりました。ただし、新小1~新小3については、最長6ヶ月間、ショートコース相当のレッスンを受講可能です。またこれに伴い、時間割も2016年4月より変更となります。

授業料 16,900円/月(税込)

  • 週1回お通いいただいた場合の月額授業料です。週2回、週3回お通いいただくことも可能です。その場合は授業料が単純に比例します。
  • 運営日カレンダーに基づいて年間46回のレッスンがあります。月ごとのレッスン回数には幅がありますが、授業料としては月額一律でいただいています。
  • 途中入会の場合には、年間の残りレッスン回数によって授業料を比例計算しますので、月の途中でのご入会でも不利になったりすることはありません。
  • 入会金は10,800円(税込)です。
  • 教材費は教材実費をいただきますが、平均すると年間2,000円程度です。
  • 入会金割引キャンペーンなどはございません。ただし、お知り合いの紹介による入会の場合には、些少ですが特典をご用意しています。

授業料は相場の約2倍ですが、一般的な「講師1名/定員6名/50分」というレッスンに比べ、講師:生徒の比率も2倍、レッスン時間も2倍、計4倍の手厚さで指導しています。内容をお考えいただければ、一般的なグループレッスンの方がずっと割高ではないかと思います。

 

システム図

英会話サイモンズのシステム

英会話サイモンズは最大12名の子どもたちを外国人2名+日本人2名の計4名で指導します。12人の子どもたちを4人の講師で指導するという少人数制の指導システムです。担任という考え方はなく、全員で一人ひとりのお子さまをサポートします。マンツーマン英会話の相手になる外国人講師は2~3週おきに入れ替えます。

時間割

集団一斉型のグループレッスンではありませんので、学年やレベルによるクラス設定はありません。お通いいただく曜日・時間帯をお選びいただくだけです。欠席時の振替はできますが、フレックス制ではありませんので、曜日・時間帯を決めてお通いいただくことになります。

2016年4月からの時間割変更は以下の通りです。改定後の時間割へと移行する際には、同じ曜日・時間枠での継続希望を最優先する形にしますので、12月~3月に入会された場合でも引き続き同じ枠で受講していただくことが可能です。

英会話サイモンズの時間割

振替レッスンも可能です

欠席された場合には、振替レッスンを受けていただくことができます。各時間帯にマンツーマン英会話2名分の空きを設けています。各時間帯の定員は12名ですが、振替レッスンの受講者がいるときには、最大で14名の生徒が同時間で学ぶことになります。

ぜひ無料体験レッスンにお越しください!

私たち英会話サイモンズは、他の英会話スクールにはない独自の「話せるようになるレッスン」を行っております。もしもお子さまの英会話スクールに少しでもご興味をお持ちでしたら、選択肢の一つに加えていただいて損はないと思います。「とりあえず一度、子どもに外国人と1対1で話す体験をさせてみたい。」というだけでも大歓迎です。

また、帰国子女のお子さま、さらに英語圏へのお引越しの予定があるというお子さまの短期集中レッスンのニーズにもお応えできると思います。

小規模なスクールですので、170名くらいがキャパになっております。定員に達している曜日や時間帯も出てきておりますので、ご興味をお持ちでしたらお早めに体験レッスンにお越しください。

私たちの考え方に共感していただける方々のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

trial_homebottom