低学年の経験者

今日レッスンがあった小学校低学年のお子さんのレッスン内容です。学習経験はあるものの、話す練習はあまり経験がなく、外国人ともほとんど話した経験がないというお子さんです。

基本英文の定着練習

12文の基本英文を何度も口に出して練習し、日本語だけを見て60秒以内に言い切るようにします。

まず簡単な自己紹介に使える英文を集めたものに取り組みました。

01. こんにちは。
Hello.
02. わたしの名前は山田太郎です。
My name is Taro Yamada.
03. はじめまして。
Nice to meet you.
04. わたしは10才です。
I’m ten years old.
05. わたしは日本から来ました(日本の出身です)。
I’m from Japan.
06. わたしは犬が好きです。
I like dogs.
07. わたしはすしが好きです。
I like sushi.
08. わたしはサッカーが好きです。
I like soccer.
09. わたしはヘビが好きではありません。
I don’t like snakes.
10. わたしは納豆がすきではありません。
I don’t like natto.
11. わたしは泳ぐことが好きではありません。
I don’t like swimming.
12. (聞いていただいて)ありがとう。
Thank you.

本番では日本語だけを見ます。

01. こんにちは。
02. わたしの名前は山田太郎です。
03. はじめまして。
04. わたしは10才です。
05. わたしは日本から来ました(日本の出身です)。
06. わたしは犬が好きです。
07. わたしはすしが好きです。
08. わたしはサッカーが好きです。
09. わたしはヘビが好きではありません。
10. わたしは納豆がすきではありません。
11. わたしは泳ぐことが好きではありません。
12. (聞いていただいて)ありがとう。

さすがに今までの学習経験で知っている英語がほとんどだったので、すぐに合格できました。

そして次のプリントがこれです。基本英文の定着練習には、使う場面を想定したテーマ別のものと、英文のパターンに慣れるための文法項目別のものがあるのですが、これは後者です。

like, have, want というを題材に、一般動詞系の文の肯定文、否定文、疑問文の作り方に慣れることが目的です。これがきちんとできれば、一般動詞を外国人とのマンツーマン英会話でもフルセンテンスで自信を持って言える英文が増えます。

私は青色が好きです。
I like blue.
私は黄色が好きではありません。
I don’t like yellow.
あなたは緑色が好きですか。
Do you like green?
はい。/いいえ。
Yes, I do. / No, I don’t.
わたしは白いTシャツを持っています。
I have a white T-shirt.
わたしは黒いTシャツを持っていません。
I don’t have a black T-shirt.
あなたは赤いTシャツを持っていますか。
Do you have a red T-shirt?
はい。/いいえ。
Yes, I do. / No, I don’t.
わたしはグレーのTシャツがほしいです。
I want a gray T-shirt.
わたしはピンクのTシャツはほしくありません。
I don’t want a pink T-shirt.
あなたはむらさきのTシャツがほしいですか。
Do you want a purple T-shirt?
はい。/いいえ。
Yes, I do. / No, I don’t.

少し難しい時は、

I like, I don’t like, Do you like?
I have, I don’t have, Do you have?
I want, I don’t want, Do you want?

の部分をまず口に馴染ませます。

少し練習したところすぐにでも合格できそうでしたが、記憶の定着を高めるためにも来週に持ち越すことにしました。

発音の練習

まず発音の見本を示し、舌の位置や口の形を説明します。そして真似をしてもらい、その発音がGoogleの音声認識機能で正しく認識されるように何度も口に出して練習します。この方法は何度も口に出すという練習を楽しく、むしろムキになって取り組めるので、上達が非常に早いです。

まずは、いくつかの基本的な発音の確認と、当たり前にできると思ってる発音が全然認識してもらえないことを知るために、以下のセットに取り組んでもらいます。

A B C
1(one) 2(two) 3(three)
red blue yellow
dog cat bird
right light
wrong long
read lead

何年も英語を習っているにもかかわらず、Cを日本語の「しー」のように発音してしまうお子さんもたくさんいます。そして、one の発音(結果は1と表示されます)が最初からできているお子さんはほとんどいません。

今日のお子さんは、oneや、l と r は少しのアドバイスで安定してできるようになりました。上のリストで今後練習が必要なのは th と bird の母音部分くらいでした。上出来です。

サイモンとのマンツーマン英会話

名前や年齢など簡単な自己紹介に使う英語と、I like —. / I don’t like —. は今までの英語学習経験で身についていました。当面の目標は以下のようになります。

  • Do you like —? と質問することができるようにすること。
  • like 「好き」 / have 「持っている」 / want 「欲しい」 の肯定文・否定文・疑問文をできるだけ自然な会話の中で使えるようにすること。
  • 以上の3つの一般動詞に慣れたら、同じく一般動詞である get up / drink / eat / go home / go to bed / watch TV / do my homework などを使って、「~します」、「~しません」、「~しますか」を言えるようにすること。

英語絵本の音読

Harry The Dirty Dog (どろんこハリー) を本人が選んでいるので、まずこの1冊を「意味が分かって、きちんと音読できる」状態にするのが目標です。非常に理解の早いお子さんなので、10回目くらいのレッスンで何とか読める程度にはなるんじゃないかと思います。英語絵本と、ネイティブスピーカーによる朗読の音声と、それからフリック読解教材と呼んでいるオリジナルのPDFファイルを iPod Touch 上で使います。

今日は冒頭部分

Harry was a white dog with black spots who liked everything, except… getting a bath.
So one day when he heard the water running in the tub, he took the scrubbing brush… and buried it in the backyard. Then he ran away from home.

を意味が分かって読める状態にしました。全体で460語くらいなので、10分の1くらいです。

同時に発音に関しては、thが何度も出てきていることを説明し、heard は発音練習でやった bird と母音が一緒であること、さらに Harry や heard の h は犬の呼吸のように喉を勢い良く空気が通る音であることを説明しました。