教室の写真を撮りました。

英会話サイモンズ 教室の様子

英会話サイモンズの入ってるビルは、4階までは普通のオフィスビルなのですが、5階には住居用の1戸があるだけです。この1戸が英会話サイモンズです。教室用に自分たちで改装しました。ただし、外からは教室の様子をご覧いただくことができません。

チラシやウェブサイトや看板で、理念や方針は熱く、時にくどく語っていますが、教室の写真はトップページに1枚あるだけです。しかも開校前にとりあえず撮ったイメージ写真なので実際のレイアウトとは違っています。教室らしき部屋の真ん中にソファが対面で4人分置いてあるので、「一体どうやってレッスンをするんだ?」って不思議に思われますよね、やっぱり。「教室の様子を写真でご紹介しないといけない」とは分かっていたのですが、忙しい、いいカメラがない、いい腕がない、などと後回しにしていました。すみません。今回、ようやくサイモンズの教室の様子を写真に撮りましたのでご紹介させていただきます。

さて、英会話サイモンズは小中高生向けの教室ですが、本格的なレッスンを行っていますので、堅い雰囲気の教室をイメージされているかもしれません。けれども、実際の教室はまったく違います。

開校準備を始めた時、私たちは内装のコンセプトを次のように決めました。

1.学校や塾っぽさは徹底して排除。

2.アットホーム感は良し、生活感はダメ。

3.手作り感のある、あったかい、カフェのような雰囲気に。

それから、カフェとかリノベーションしたマンションの事例をいろいろ調べて、「いい感じに思える事例には、ここの名前がやたらと出てくるなあ」というデザイン事務所があったので、相談しに行きました。

行ったのですが、金額的な相場を知り、すぐに断念しました。世間知らずでした。例えば、床を古材フローリング風のものに替えて、壁に少し造作を加えるとすぐに100万、材料を買って自分たちで作業すれば25万って感じです。

で、「自分たちでやろっか」ってことになったのです。おかげで時間がかかり、開校が遅れましたが、愛着の持てる空間になりました。まだまだ手を加えたい所はあるので進行中です。

以下の写真はiPhoneで取って、アプリで加工しただけのものですが、雰囲気は分かっていただけると思います。ちょっとデスク周りが寂しい感じなので、生徒の代わりに植物を置いてみました。もちろん、普段はデスクの上には置いていません。本当は生徒がいる状態の方が雰囲気は分かっていただけると思うのですが、プライバシーの観点から控えています。

部屋は、個別練習を指導する大きい方の部屋と、マンツーマン英会話用の小さい方の部屋と、待合い用の部屋と、スタッフ用の部屋があります。スタッフ用の部屋は、普通のオフィス机ではなくアンティークのライティングビューローを省スペースも兼ねて使っていて、なかなか普通の職場にはない感じなのですが、その他の内装などが後回しになっており雑然としているので、ちょっとお見せできません。

英会話サイモンズ 教室の様子

個別練習を指導する大きい方の教室です。

 

英会話サイモンズの教室の様子

これも個別練習を指導する大きい方の教室です。

マンツーマン英会話を行う小さい方の教室です。

マンツーマン英会話を行う小さい方の教室です。

玄関ドア、カウンター、キッチン、それから保護者部屋です。

玄関ドア、カウンター、キッチン、それから保護者部屋です。

ここまでが現在の教室の様子です。自分たちではなかなか気に入っています。「オシャレですね」って誉めていただけることも結構あって、そんな時は本当にうれしいです。もちろん、自分たちの働く空間を居心地がいいものにしたいという気持ちもあるのですが、やはり通ってくれる子どもたちのために、あったかい感じのある、リラックスできる空間にしたい気持ちで頑張りました。素人ながらいろんなものを参考にデザインを決め、床を貼り、壁を塗り、デスクを作り、塗装をし、本当に大変でした。

最後に開校準備中の写真をついでにご紹介しておきます。他にはない、いい教室にしたいという本気度の表れとして受け取っていただけると幸いです。サイモンが作業中に指を切って、救急車を呼んだこともあります。スタッフの家族に日曜大工が得意な人がいて大いに助けてもらいました。その他、いろんな人に応援していただきました。改めて感謝申し上げます。

IMG_2810.JPG

IMG_2813.JPG

IMG_2814.JPG

以上です。お読みいただきありがとうございます。