2019年版 英会話サイモンズとは(1)ー 5周年を迎えて

久しぶりのウェブサイト更新です。なかなかウェブサイトの更新ができずにおりましたが、新年度に向けて英語スクールをお探しの方も多いと思いますので、英会話サイモンズの近況などを書かせていただくことにします。

先日、外国人講師マイケルの代講を、あるアメリカ人講師に頼んだことがありました。念のためですが、頻繁に講師が代わるスクールではありません。マンツーマン英会話の代講は、開校以来の5年間で初めてでした。

代講をしてくれた彼が、「ここでレッスンをするのは楽しい。また機会があったらぜひ声をかけてほしい」と言ってくれました。話しぶりから社交辞令ではないと感じました。そして、改めて二つのことに思い至りました。

一つ目は、英会話サイモンズが「他の教室にはないユニークさ」を持っているという点です。

他の国でも英語を教えた経験があり、10年以上のキャリアを持つ彼が、私たちの「マンツーマン英会話&個別指導」というシステムを、unique(他とは違う)で、well-organized(きちんと運営されている)で、efficient(能率的)だと、いささか興奮気味にくり返していました。

開校から5年が経ち、私たちスタッフにとっては、「毎回15分、外国人講師と1対1で英語を話す」、「一人ひとりのレベルに合った練習をする」というシステムは、もはや当たり前になっています。けれども、一般的な英語レッスンと比べると、依然としてかなりユニークなのだと思います。

英会話サイモンズのレッスンは、単なる思いつきで始めたわけではなく、開校以前の指導経験から私たちが学んだことの集積です。ですから、2014年3月に開校した時にも、子どもたちの英語習得に役立つレッスンであるという確信はありました。けれども、学校や塾はもちろん、一般的な英語スクールのレッスンともずいぶんと異なるレッスン形態なので、「これを受け入れてもらえるだろうか?」、「スクール経営が成り立つだろうか?」という不安もありました。

実際、「まったくの初心者がいきなり外国人と1対1で話すなんて無謀でしょう!」とか、「ABCも読めないのに、どうやって基本英文を覚えるんですか?」とか、「楽しいゲームとか歌とかがないと、小学生には退屈だと思いますよ。」という反応もありました。多くの場合は、無料体験レッスンでご納得いただけましたが、知名度ゼロ、生徒数ゼロからのスタートだったので、当初は実績に基づいたご説明ができず、歯がゆい思いもしました。

そんなことを思い出しながら、改めて感じたのが皆さまへの感謝です。私たち英会話サイモンズが、そのユニークさを維持しながら5周年を迎えられるのは、良い生徒たちや保護者の皆さまに恵まれているからです。今までにお世話になったすべての方々に心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

次に二つ目です。代講をしてくれた彼と話していて感じたことが、もう一つあります。

彼は私たちの教室を評して、cozy(居心地がよい)、caring staff(生徒を気にかけるスタッフ)、hard working atmosphere(みんなが頑張っている雰囲気)という言葉を使いました。これらは私たちの教室運営のテーマでもあるので、そういう印象を持ってもらえたことを非常にうれしく思いました。そして、そういう雰囲気こそが、英会話サイモンズの一番の特長なのだという気がしました。

実は、開校にあたって、私たちは「どんな教室を目指すのか」という教室のコンセプトを、かなり細かく決めました。その中には、「第三の場所を目指す」とか「学校や塾っぽさを感じさせない内装にする」など、英語習得とは一見関係なく思えるものもあります。けれども、たとえばこの二つのコンセプトがなければ、生徒が楽しく通ってくれたり、代講をしてくれた講師が「ここで教えるのは楽しい」と思ってくれるような場所にはならないでしょう。

もちろん「マンツーマン英会話&個別指導」などのポイントは、他のスクールにはない、私たちの教室の特長です。けれども、本当の意味での独自性は、「私たちスタッフが、何をどう考えながら仕事をしているのか」という点にあると思います。

そこで、5周年を迎えるにあたり、私たちがどんなことを考えて仕事をしているのかを、改めて書かせていただくことにしました。

(1) どんな教室を目指して開校したのか
(2) これまでの5年間で新たに分かったこと
(3) 2019年に取り組みたいこと

に分けて書こうと思います。そして、その中で「マンツーマン英会話&個別指導」だけではない、教室運営に関するいろいろな想いについてもご紹介したいと考えています。

随時更新しますので、もしも英会話サイモンズにご関心がおありでしたら、またウェブサイトをチェックしてみてください。